《自動車ローン》おすすめ5つの選び方!審査に不安でも大丈夫 ※低金利

知らないと損をする自動車ローンの選び方とは!?それぞれの特徴を徹底解説!

2017年03月18日 20時36分

自動車ローンは賢く選ばないと損をする!

自動車ローンはどこも同じだと思っていませんか?自動車ローンを組むときには、ディーラーでも銀行でもローンを組むことが可能です。

ほとんどの人が新車を購入するときにはローンを組みますが、下手な自動車ローンを組むと、後々まで後悔することになります。

では、自動車ローンを組むときにはどうすればいいのかですが、それぞれの特徴をしっかりと把握することが大事です。ディーラーローンと銀行系ローンの違いをご説明します。

 

ディーラーローンとは何か?どのような特徴があるのか?

ディーラーローンはとても利用しやすいことで有名です。車の販売店では、購入と同時にローンを勧められますが、それはディーラーローンになります。

ディーラーローンはほとんどの場合審査に通りますし、手続きも簡単なのでとても人気があります。

しかし、金利は5%から10%くらいとなり、低金利というわけではありません。確かに便利なのですが、その分毎月の支払は少々高くなる傾向があります。

また、場合によっては保証人も必要になります。

 

銀行系ローンの特徴とは?どんなメリットがあるの?

銀行系ローンの場合、ディーラーローンとは違って金利が安い傾向があります。キャンペーンのときには、金利は0.9%と破格の金利になることもあります。

その分審査は厳しいですが、返済期間も長期でいいですし、さらにはボーナス払いも可能です。審査に通れば、長い目で見るとディーラーローンよりもトータルの支払いは数十万円以上安くなります。金利で選ぶなら、銀行系ローンの方を選ぶといいでしょう。

他にも、労働金庫やJAも自動車ローンを提供していますが、いずれも低金利です。基本的には、金融機関の自動車ローンは低金利の傾向があります。

 

結論:自動車ローンを賢く選ぶためには?

自動車ローンにはたくさんの特徴がありますが、あなたが何を重視するかによって、選ぶ会社が変わってきます。

審査のスピードや利便性を求めるならディーラーローンでいいですし、長期ローンを組んでゆったり返済したいのであれば銀行系ローンや労働金庫などでのローンがいいでしょう。短期間で返済するなら、金利にそこまでこだわる必要はないかもしれません。

スピード審査のディーラーローンの方が、あなたにとってはベストの場合もありますので、返済計画などを練った上で、どこでローンを組むのかをきちんと決めてください。そうすれば、損をせずに適切な支払いが可能です。